戦国時代の健康の秘訣

徳川家康、伊達政宗、毛利元就は戦国時代の有名人です。

3人とも70代(当時としては長寿)の大往生!

その理由は、どの医学にも精通した健康マニアだった為とも言われています。

しかし、本人の意図しない理由で長生きした武将もおりました。

その代表が松平忠輝と宇喜田秀家の両名。

2人とも享年80を超えるスーパー長生きでした。

2人の共通点はなんと

流罪

です。

  • 松平忠輝は信州(山の幸が豊富)
  • 宇喜田秀家は八丈島(海の幸が豊富)
[adsense1]

ここで幕府の顔色をうかがう事もなく、好き勝手に人生をエンジョイした為、長生きだったのかも知れません。

(20171015)戦国時代の健康の秘訣

2017年10月の更衣室掲示板より

<参考文献>

馬渕まり 「戦国診察室」 GH株式会社(SPP出版)